品質管理

ホーム > 企業情報 > 品質管理

                       品質方針

      顧客が満足していただける品質・コスト・納期・安全を確保するために

       組織・役割分担を明確にして、社員一人一人が力量を向上させ

    一丸となって品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善に取り組む

 

全社一丸となって
品質の管理の強化に努めています。

ユーザー要望の変化に対応して、鏡板業界で初めてISO9001を取得するなど日々品質管理の強化に努めています。
またISO以外にもJISマーク認証登録はもちろん、第一種圧力容器製造認定・電気事業法・高圧ガス保安法等の溶接方法の認定も取得しています。
チタン・銅・アルミ・ニッケル・インコネル・インコロイ・ジルコニウム等の特殊材質の加工も
長年の経験と実績でユーザー様に満足していただいております。

認定機関認定の種類・等級
一般財団法人 日本品質保証機構JISB8247圧力容器用鏡板(JISマーク表示許可)
認証番号:JQ0508121
厚生労働省労働基準局第一種圧力容器製造許可
ボイラー及び第一種圧力容器用鏡板
高圧ガス保安協会
ISO審査センター
ISO 9001:2008 / JIS Q 9001:2008
登録番号:95QR・014
容器に用いるプレス及びスピニング加工による成形品の製造
圧力容器及び溶接構造品の設計及び製造
経済産業省
発電設備技術検査協会
電気事業法第52条第2項第1号規定に基づく溶接方法(原子力関係を含む)