台車式対流型熱処理炉

台車式対流型熱処理炉 開口時

台車式対流型熱処理炉 開口時

炉内部

炉内部

バーナー

バーナー

金属材料の特性を活かす熱処理加工技術

金属構造物の規格対応に不可欠な熱処理
強度、伸びあるいは粘りなどを伸長させて金属材料の完成度を高め、 機械部品や構造物の機能性を向上させるために、熱処理は欠かせません。
ベトナム国内でサイズ、温度とも最大級の処理能力を有した熱処理炉を設置。
加工を内製化することにより、熱処理が必要なASME等各種規格に対応した構造物を ワンストップで製作することが可能となりました。

台車式対流型熱処理炉 閉口時

台車式対流型熱処理炉 閉口時

左のアイコンをクリックすると、台車式対流型熱処理炉 3Dカタログをご覧いただけます。〔PDF(591KB)〕
3D画面上で、左クリックしたたままマウスを動かすと角度が変化します。

※3Dカタログを表示するために、Adobe Reader 8.1 以上が必要です。