鏡板

ホーム > 製品情報 > 鏡板 > 揚底形鏡板(Flanged & reverse dished head)

UD揚底形鏡板(Flanged & reverse dished head)

揚底形鏡板(Flanged & reverse dished head)
主に食品、医薬関連に使用されており、液体や粉体を攪拌時元来、内容物がタンク底辺中央に留まりやすい部分を内面に膨らますことにより高効率な攪拌が可能です。

業界・用途

設備、プラント、食品、薬品 など

製品形状

揚底形鏡板(Flanged & reverse dished head) 図面
各部の記号と名称
H=高さ
l=フランジ部の長さ
r=すみ部の丸みの内半径
R=曲げ半径
t=厚さ(呼び厚さ)
D=内径

関連製品